治験の実際

  • 治験が今日本の中で注目を浴びているということを知っていますか?
    治験というのは、厚生労働省が薬を市場に出すための臨床試験のことをさします。
    すなわち、新しい薬を求めている人たちに対して、広く早く薬を届けるために必要である
    大切な試験なんです。特に人口の多い、東京や大阪、福岡などでの参加者は多いですね。
    特に最近では福岡などの地方都市での参加者が増えています。
    福岡で治験?という疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
    ですが福岡でも治験には参加可能です。アルバイトの数も限られている福岡で、治験参加が増えることは良いのではないでしょうか?

    治験に対して、みなさんはどのようなイメージを持っていらっしゃるでしょうか?
    正直なところ、「怖い」「不安」というようなネガティブなイメージを抱かれる方もいらっしゃるかと思います。
    しかし、そのような心配はご無用なんです。
    なぜなら、この治験による試験を行う際には、厚生労働省の厳しい審査が必要だからです。
    この厳しい審査基準に合致した製薬会社のみ治験へと段階を移行することができるのです。

    特に最近は高い安全性を獲得するために、「ヘルシンキ宣言」という臨床試験に対する原則を遵守しています。
    ヘルシンキ宣言は、人々の人権と安全に気を配るという倫理原則です。
    すなわち、その臨床試験を実際に受ける被験者の福利を最大限に配慮することで、
    科学的また社会的利益よりも重視していこうとする心構えなんです。
    いくら今まで難病と呼ばれていた病気に対して即効性があって効果的な新薬が発見されたとしても、
    その新薬を試してみた際に、その被験者に被害を与えてはならないのです。
    科学や社会の進歩のために一人の命を奪うことはあってはならないのです。
    この原則があるので、治験を受けるリスクはかなり低いというわけなんです。

    また、被験者の健康やプライバシー、尊厳を守らなければならないという決まりもあります。
    いかに、安全であろうと、人々に心的な負担を与えないようにするという配慮ですね。
    例えば、被験者が拒否したいのに全裸で行われる、というようなことですね。
    被験者の許可無くこのような治験を行うことは許されてません。

    以上のように、治験は非常に安全かつ信頼性の高いもんおであるということはお分かりいただけたの
    ではないでしょうか?少し自分も参加してみようという気が起こりませんか?
    治験はあなたにとっても、社会にとっても、非常に有益なものなんです。